「シルクマスク」を開発/桐生の新ブランド「SILKKI」がスタート

群馬県桐生市の織物メーカー「桐生整染商事」が、シルクの機能を生かしたライフスタイルブランド「SILKKI」を立ち上げました。国産シルクプロテインを配合した植物性エタノールや、シルクプロテインが肌を優しく包み込むウレタンマスクを生産し、オンラインショップでの販売を始めています。

シルクの機能を、暮らしの中に

桐生整染商事は1950年創業。「織都・桐生」で長年、絹地を扱ってきたノウハウを基に、今春から、シルクの心地よさと機能性を備えた生活用品を提案する新ブランド「SILKKI」をスタートさせました。

シルクプロテイン植物性エタノール(提供:SILKKI

保湿効果のあるシルクプロテインが配合されたエタノールは、さらりとした使い心地だそうです。

ウレタンマスクにシルクプロテインを加工した「シルクマスク」も販売しています。

色はホワイト、グレー、ブラックの3色(提供:SILKKI

接触冷感機能を持ったクールマスクという商品もあり、こちらは暑い季節によさそうです。

私はクールマスクが気になります。

マスクの供給量が増えてきたので、着け心地の良さや機能など質の高いものを選びたいなと、ちょうど思っていたところでしたので。

各商品はオンラインショップで購入可能です。
シルクプロテイン配合で肌に優しく、天然素材ならではのUVカット効果も(提供:SILKKI)

産地の技術で、シルクの魅力を伝える

機能性・デザイン性の高い商品はもちろん、私は「SILKKI」という新ブランド自体にも注目しています。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、医療用品をはじめとした国内の資材不足が問題となりました。

その背景にある日本の輸入依存の高さが浮き彫りになり、一時的かもしれませんが、製造拠点の国内回帰といった動きも出ています。

以前、多種多様な繊維技術の息づく桐生産地の可能性について記事を書きましたが、国内に目を向ければ、高い技術力を持つ生産拠点はたくさんあります。

クリエーターを引きつける「桐生産地」の魅力とは。移住したデザイナー夫妻が語る、織物技術とコミュニティーの豊かさ

「SILKKI」は今後、シルクの生地を生かした衣類や、シルクの成分を生かした雑貨なども販売していくそうです。

群馬ならではのシルクブランドと、桐生の繊維技術を掛け合わせて、シルクの需要拡大の新しいビジネスモデルとなれば、ととても期待しています。

皆さんも応援よろしくお願いいたします!

桐生整染商事株式会社  HP FB インスタ
住所:群馬県桐生市巴町1-1123-6
Tel.:0277-22-0541

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.