「伝統の醸造で攻める、クレイジーだけど面白い酒造り」土田酒造・土田祐士社長

2019年4月25日 いま、ここ 0

「このままでは10年後に会社を存続できない」―。土田酒造(群馬県川場村)の土田祐士社長は市場を世界へと広げるため、業界内では“クレイジー”とも称される決断をしました。天然の乳酸菌を生かした伝統的な酒造りに活路を見出し、酒蔵の全銘柄をこの「山廃」(やまはい)」仕込みに切り替えたのです。