村上早さんが描く〝傷〟の銅版画

2019年2月27日 いま、ここ 0

高崎市の銅版画家、村上早(さき)さんの展覧会「gone girl」が3月17日まで、長野県上田市の上田市立美術館で開かれています。黒く力強い線で描かれる少女や犬、家などのモチーフは、純粋さと残酷さという2つのイメージをはらみつつ、観る人の想像力を強く喚起してくれます。

ローカルを面白がる〝チカラ〟を持とう

2019年2月15日 いま、ここ 0

前橋市議の岡正己さんの市政報告会が15日、前橋市街のcommで開かれました。「どこでも地元メディア」がテーマのウェブマガジン「ジモコロ」を手がける徳谷柿次郎さんのトークイベントが開かれ、地域を「面白がるチカラ」の大切さについて語りました。

「想像☆の力」街中に再び現る

2019年2月8日 いま、ここ 0

前橋市在住のアーティスト、白川昌生さんが制作した「想像☆の力」ののぼりが、前橋市街に再び姿を現しました。強い赤色の旗は、道行く人たちに、場所の存在感を強く主張しているようです。

前橋に変化をもたらす「めぶく。」とは

2019年2月7日 いま、ここ 0

前橋の街中で連続する小さな変化―。その中心にあるのが、まちづくりの方向性を定めた前橋ビジョン「めぶく。」です。ビジョンはイベントや都市開発、デザイン、教育とあらゆるジャンルにおける変化のルーツとして、存在感を示しています。では、「めぶく。」とはいったい何なのか。「めぶく。」の中の人である、一般社団法人前橋まちなかエージェンシー代表理事の橋本薫さんに、その答えを聞きました。